hahakoって どんな団体?

◆発足
 2011.3.16 木田の呼びかけにより、メンバー6名で発足。

◆きっかけ
 西日本に在住している木田(二児の母)が、震災や原発被害にあった方々へ
 何か支援ができないかと考え、国が強制避難区域とした30km圏外の方や、
 罹災証明ももらえない方たちなど「行政がカバーできない方々を支援しよう」と、
 知人に呼びかけ支援グループとして立ち上がった。

◆hahakoの基本姿勢
 受け入れ提供者も避難希望者もそれぞれ不安を抱えているという現状をふまえ、
 箇条書きやボタンひとつで登録できるサイトではなく、
 それぞれのご家庭からのメッセージをそのまま掲載しています。
 「こどものみ」という、親と離れた形での受け入れは、掲載を控えています。

 提供者と希望者が直接連絡を取り合って、よく相談していただくのが

 基本のスタンスですが、場合によっては管理人(木田)が仲介をしています。

◆団体名称について

 「hahako」について・・・母親にだけ子どもを守る役割があるという意味ではなく、

 父親も同様の役割を担っているものと考えて支援をしています。

 「母子疎開支援」について・・・母子のみでなく、単身者や祖父母を含めたご家族など

 幅広く対象にしており、疎開支援だけでなく就労支援にも対応しています。

 

 

hahakoスタッフ(現在13名)

 スタッフは、それぞれ仕事や家庭を持ちながら同じ思いを持ち、

 ネットでつながった個人の集まりです。

代表

木田裕子(英語講師/三重県)

会計

室田元美(フリーライター/東京都)

印刷&デザイン

ソウマヒカリ (書籍デザイン&音楽家/東京都)

 

国内サポートスタッフ

池田香代子(翻訳家/東京都)

伊藤美好(東京都)

イチノセアヤコ(農民/佐賀県)

金橋香代子(二児の母/東京都)

チグリハーブ(応援サポーター&歌手/埼玉県)

疋田香澄(東京都)

村上勝三(沖縄県)

郡司ゆみ (スペイン在住)

 

国外サポートスタッフ

英語圏窓口:文野くみこ(塾講師/東京都) 

仏語圏窓口:ユノハラタカコ(通訳/愛知県)